東京空港交通、東京シティ・エアターミナル、日本交通、日の丸交通、三菱地所、JTB、ZMPの7社は、リムジンバスと自動運転タクシーを連携させた都市交通インフラの実証実験を、11月に2週間にかけて行う。

リムジンバスと自動運転タクシーが連携したプロジェクトは世界初の試み。東京都が行う、「自動運転技術を活用したビジネスモデル構築に関するプロジェクト」に基づくもの。モビリティの連携によって、交通混雑解消や環境負荷の低減を目指すほか、訪日旅行客の移動効率化も期待できるとしている。また、交通弱者のサポートや慢性的なドライバー不足にも対応する。

自動運転タクシーの走行区間は、東京シティエアターミナルと丸の内パークビルディングを結ぶ約3キロで、日本交通と日の丸交通が運行する。車両は「ZMP RoboCar MiniVan」。JTBは旅行サービスの商品化を検証する。9月頃にウェブサイトで利用者を募集する。

情報提供元:Traicy
記事名:「リムジンバスと自動運転タクシーを連携した交通インフラの実証実験 都内で11月に