日本航空(JAL)

日本航空(JAL)とKDDIは、次世代移動通信システム「5G」やIoTを活用した次世代サービスの研究開発や実用化に向け、協力する。

両社のオープンイノベーション拠点、「JAL Innovation Lab」と「KDDI DIGITAL GATE」のコラボレーションにより、5Gと他のテクノロジーを融合した新たなサービスの研究開発、空港や整備工場などでの5Gの実用化を目指した新たなビジネス検証を行う。

これまでにも、両社は共同で研究開発を行っており、2018年11月には5G専用端末によるタッチレス搭乗ゲートや、お客さまのニーズにあわせた大容量コンテンツの情報配信などの実証実験を行っている。今年3月には、4K/8Kの映像を用いた整備作業の高度化ソリューションの開発・実地試験に成功した。

両社は、2020年度の商用可に合わせて、JALの拠点に5G基地局を構築し、5Gを活用した次世代サービスを実用化していくという。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「JALとKDDI、5GやIoT活用した次世代サービスの実用化に向けて協力