みちのり 2階建て

岩手県北バス(岩手県北自動車)は、7月31日より、都市間バス・盛岡~宮古線「106急行バス」に2階建てバスを導入し、「盛宮106特急」として運行を開始する。

みちのりホールディングスの岩手県北バスは、盛岡・宮古間を運行する都市間バスにスウェーデン・スカニア社製の2階建てバスを導入し、「盛宮106特急」として運行する。「盛宮106特急」は、1日1往復、盛岡駅と宮古駅間の特急便として運行し、宮古の浄土ヶ浜パークホテルにも乗り入れる。

車両には3種類のシートを設定する。2階最前列部には「ワイドビューシート」を6席配し、前面展望を楽しめるシートとする。1階には、フリーWi-Fi・AC電源・USB電源・テーブル・個別照明が完備された「ビジネスシート」を6席設定する。いずれも3列シートとする。通常の4列シート「スタンダードシート」も2階に41席設定し、足元の空間を確保したつくりとする。AC電源・個別照明・カップホルダーを全席に配置する。またUSB電源を窓側席に、テーブルをワイドビューシート・ビジネスシートに装備する。また、フリーWi-Fi、トイレが利用できる。

盛岡駅前~宮古駅前間の運賃は、ビジネスシート・ワイドビューシートが大人2,500円。スタンダードシートが大人2,030円で、106急行バスと同額。全席指定で、ハイウェイバスドットコムでの事前予約、または盛岡駅前バス案内所・宮古駅前バス案内所・浄土ヶ浜パークホテルでの当日の座席指定が可能。

なお、同日には106急行バスのダイヤ改正も予定している。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「岩手県北バス、盛岡~宮古線に2階建てバス導入 アッパークラスも設定