ニュージーランド航空は、9月1日より同社従業員がタトゥーを隠さずに勤務することを容認した。

同社はこの決定に先立って、顧客と従業員に対して5か月にわたる調査を行い、ニュージーランドでタトゥーが文化や個性の表現として受け入れられていることを確認したとしている。研究によると、ニュージーランドでは大人の5人に1人が少なくとも1つ以上のタトゥーをいれており、この割合は30代以下に限定すると35パーセントにまでのぼる。

同社のクリストファー・ラクソンCEOは、「私たちはニュージーランドで最も魅力的な雇用主として、あらゆる仕事に非常に多くの応募を受けていますが、ほとんどの応募者は採用されないのが現実です。しかし、攻撃的だったり不適切ではないタトゥーのせいで不採用になることはないと保証します。私たちはニュージーランドの国と人々を正しく象徴することを期待されており、そのためには、ありのままの自分で働ける従業員を持つことも重要です。」と語っている。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「ニュージーランド航空、従業員のタトゥーを容認 多様性を認める職場を目指す