JA382A

全日本空輸(ANA)はきょう2日、エアバスA380型機の1日2機体制での運航を開始した。

ANAのエアバスA380型機は「空飛ぶウミガメ」の意味を持つ「FLYING HONU(フライングホヌ)」の愛称が付けられており、ハワイで神聖な生き物とされているウミガメをモチーフとして、3機それぞれに異なるカラーと表情のデザインが施されている。初号機(機体記号:JA381A)はハワイの空をイメージしたANAブルー、2号機(同:JA382A)はハワイの海をイメージしたエメラルドグリーンとなっており、2020年に受領予定の3号機(機体記号:JA383A)はハワイの「夕陽」をイメージしたサンセットオレンジのデザインだ。

このうち初号機は5月24日、2号機は6月18日に運航を開始。火・金・日曜の東京/成田〜ホノルル線NH183便・184便に投入されており、7月1日からは他の曜日もエアバスA380型機での運航となった。それに加えて火・金・日曜の同路線NH181便・182便も同型機での運航となったことから、7月最初の火曜日である2日が、2機の同型機が同日に運航される初めての日となった。

A380

成田空港では、初号機がNH182便として46番スポット、2号機がNH184便として45番スポットに駐機され、2機のエアバスA380型機が並ぶ姿が見られた。午後8時22分、まずはエメラルドグリーンのNH184便が出発し、そのおよそ1時間後の午後9時32分には、ブルーのNH182便も後を追うように出発。乗客数はNH184便が518名(幼児15名含む)、NH182便が523名(幼児23名含む)と、両便ともほぼ満席で、高需要のホノルル線への対応力を見せつけた。

JA382A

▲先に出発した2号機のNH184便

JA382A

▲先に出発した2号機のNH184便

JA381A

▲後を追って出発した初号機のNH182便

JA381A

▲後を追って出発した初号機のNH182便

■関連記事 ANAのエアバスA380型機「FLYING HONU」、きょう就航 成田空港を出発 ANAのA380型機、2号機がきょう18日デビュー 予定前倒しで

情報提供元:Traicy
記事名:「2匹の「ホヌ」で1,000人超がハワイへ ANA、A380型機の2機体制運航スタート