キャンセルしたい宿泊予約の売買サービス「Cansell(キャンセル)」を展開しているCansellは、東南アジア5カ国の予約出品に、6月27日より対応した。

新たに対応したのは、インドネシア、カンボジア、タイ、ベトナム、マレーシアの5カ国。

海外ホテルの出品対応は3月より開始し、まずはアメリカやオーストラリアなどの公用語が英語の国を対象としていた。今後はヨーロッパ各国への対応などを行い、全世界のホテルに対応するとともに、多言語化を図る。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「宿泊予約売買サービス「Cansell」、東南アジア5カ国の予約出品に対応