デルタ航空

デルタ航空は、スカイチーム加盟航空会社19社のフライトで遅延、欠航、到着地変更等が発生した場合、デルタ航空の予約センターで航空券の再予約、再発券が可能となる「スカイチーム・リブッキング」システムを導入した。

これまでは、デルタ航空の担当者が別の航空会社に連絡する必要があったものの、スカイチーム加盟航空会社であれば、デルタ航空の担当者が直接システムにアクセスし、数分で再予約、再発券を直接行うことができるようになる。地域ごとに導入し、年末までに100空港に導入する計画。その中には、デルタ航空のすべてのすべてのハブ空港が含まれる。

スティーブ・シアー(Steve Sear)国際事業部門社長兼グローバルセールス執行副社長は、「業界をリードするこのサービスの導入は、デルタ航空とスカイチームが一丸となって、お客様の旅の初めから終わりまでをサポートし、万が一問題が発生した場合でも、より良い旅行体験を提供しようという努力の一例です。デルタ航空の担当者は既にトレーニングを修了し、世界中のスカイチーム加盟航空会社で旅行されるお客様をシームレスにサポートすることができます。」とコメントしている。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「デルタ航空、「スカイチーム・リブッキング」システム導入 スカイチーム19社運航便の一括変更可能