ピーチは、6月27日、2019年3月期決算を発表した。

営業収入は604億900万円(前期比10.4%増)、営業利益は41億3,600万円(同28.6%減)、経常利益は36億4,100万円(同35.9%減)、当期純損失は1億9,300万円(前年同期は37億2,800万円の黒字)となった。バニラエアとの統合にかかる費用を前倒しで計上したことが響いた。営業利益率は6.8%で、有償ベースの平均搭乗率は87.8%、有償旅客数は約551万人だった。

井上慎一最高経営責任者(CEO)は、「2018年度の平均搭乗率は、おかげ様で就航以来の最高となる87.8%を記録しました。ご利用いただいたお客様、そして日頃からサポートいただいているみなさまに心より感謝申し上げます。ピーチは今月1日より、バニラエアからの初の移管路線である東京/成田〜沖縄/那覇線を運航開始するなど、今年度末をめどに完了する統合に向けたプロセスを着実に進めており、バニラエアが培ってきた首都圏を中心とするネットワークを活かし、国内線ならびに国際線ともに、さらに路線を拡大してまいります。また、2020年には中距離LCC事業へ参入し、更なる事業成長を推進いたします。ピーチはこれからも安全運航を最優先に、健全な経営を維持し、独自性にさらに磨きをかけることにより、アジアのかけ橋への歩みを進めてまいります」とコメントした。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「ピーチ、2019年3月期決算 営業利益41.4億円、バニラエア統合で純損失1.9億円