北広島駅

JR北海道は、2023年の北海道ボールパーク(仮称)開業に向けて、最寄り駅となる北広島駅の改修工事を実施する。

北広島駅は、快速エアポート・普通列車が全て停車する主要駅であり、北広島市からは球場の定員の39パーセントに相当する13,500人の輸送分担が提示されている。具体的な改修内容は、自動改札機の移設・増設、ホームの拡張、駅レイアウトの変更などいずれも混雑緩和を目的としたもので、使用開始時期は2023年2月を予定している。改修費用は約9億円で、全額をJR北海道が負担する。

また、同社と市は球場付近に新駅を設置することも同時に検討しており、今後地質等の現況調査を実施すると発表している。新駅が設置された場合には、快速エアポート利用客をピストン輸送バス経由で北広島駅に、普通列車・臨時列車利用客を新駅に分散させ、さらなる混雑緩和を図るとしている。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「JR北海道、北広島駅の改修工事を実施 北海道ボールパーク開業に向けて