らくらく舟旅通勤

東京都は、7月24日から8月2日までの平日計8日間、日本橋~朝潮運河間で舟運による社会実験を実施する。

都は、舟運が身近な観光・交通手段として定着し、水辺のにぎわいを創出させるような取り組みを2016年度から実施しており、今回の取り組みもその一環として行われる。

同便は朝潮運河船着場(勝どき駅そば)~日本橋船着場間を乗降時間含め30~40分で結び、期間中は、午前7時30分から午前9時まで5分間隔で計7往復運航する。乗船は無料だが事前予約が必要で、定員に達し次第締め切りとなる。船には屋根のないものもあるが、雨天の場合はポンチョが貸し出される予定だ。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「日本橋~朝潮運河間で舟運による社会実験を実施 新たな通勤手段として期待