のんびりホリデーSuicaパス

JR東日本は、これまで磁気券でのみ販売していた企画乗車券を、9月1日よりSuicaでも利用できるようにする。

対象となるのは、「都区内パス」、「ヨコハマ・みなとみらいパス」、「鎌倉・江ノ島パス」と、新たに販売を開始する「のんびりホリデーSuicaパス」。各商品のフリーエリア内にある、JR東日本の駅のみどりの窓口、指定席券売機、多機能券売機、自動券売機で販売する。フリーエリア外に乗り越した場合、チャージ残高から自動で精算される。

新たに販売する「のんびりホリデーSuicaパス」は、東京近郊のフリーエリア内の普通車自由席と、りんかい線と東京モノレール全線が乗り放題。発売額は大人2,620円、小児1,310円。有効期限は1日。発売期間は9月1日から2020年3月31日までで、設定日は9月1日以降の土休日と12月29日から1月3日まで。磁気券での販売は行わない。

「My Suica(記名式)」、「Suica カード」、「Welcome Suica」で購入できる。定期券等で利用中のSuicaや、クレジットカード等と一体となった一部のSuica、モバイルSuicaは対象外となる。

情報提供元:Traicy
記事名:「都区内パスなどの企画乗車券、9月からSuicaで利用可能に Suica専用商品も