香港政府観光局はこのほど、都内でメディア向けの説明会を実施した。

観光庁と日本政府観光局、香港政府観光局は2019年を「日本香港観光年」と制定し、旅行会社・航空会社との共同キャンペーンを行っているほか、日本からの渡航者に様々な特典を提供している。

2018年の香港への日本人渡航者は128万7,773人に達し、2019年1月〜3月も前年同期比10%増と順調に推移している。1月に香港エクスプレス航空が長崎〜香港線、4月にキャセイパシフィック航空が小松〜香港線を開設し、香港と日本の16都市の17空港が定期直行便で結ばれている。さらに、香港エクスプレス航空の下地島〜香港線の就航が7月に予定されている。

香港では、6月14日からはビクトリア・ハーバーを舞台とした「ドラゴンボート・カーニバル」、7月・8月にライブコンサートやグルメイベントなどが開催される「香港サマーファン」など、様々なイベントが実施される。

この春からは「2019日本香港観光年」プログラムの優待特典が追加された。8月31日までの間に、クレジットカードまたは電子マネーで決済した人を対象に特典を提供する。対象施設は、オリンピアン・シティ、レイトン・アベニュー、チャイナ・ホンコンシティ、チムサアチョイ・センター&エンパイア・センター。特典は「添好運」のベイクド叉焼包、「廉記冰室」のパイナップルパンなど。

情報提供元:Traicy
記事名:「香港政観、メディア説明会開催 日本人客向け特典追加など