星野リゾートは6月30日、台湾の台中郊外にある温泉地・谷關(グーグァン)にて海外2軒目となる「星のやグーグァン」を開業する。

「温泉渓谷の楼閣」をコンセプトに掲げ、台湾で初めてプロデュースする温泉リゾートで、全客室に半露天風呂を配し、源泉かけ流しの温泉を楽しむことができる。館内には大浴場をはじめ、水路が張り巡らされたウォーターガーデン、スパ、ダイニング、ガゼボ、ライブラリーラウンジなどを備える。

客室タイプは定員2名から7名で全5タイプで、広さは75平方メートルから216平方メートル。客室数は全50室。アクセスは高速鉄道台中駅から車で約90分。宿泊予約の受付は5月15日より開始している。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「星野リゾート、台中郊外に「星のやグーグァン」6月30日開業 海外2軒目