デルタ航空(エアバスA330-900neo)

アメリカ運輸省は、デルタ航空による羽田空港とアメリカ5都市を結ぶ路線の開設を仮承認した。

新たに開設されるのは、羽田空港とシアトル、デトロイト、アトランタ、ポートランド、ホノルルの5都市を結ぶ路線で、既存のロサンゼルス、ミネアポリス線を含む7路線を運航することなる見通し。7路線を運航することになれば、アメリカの航空会社として最大の便数を運航することになることから、デルタ航空では「他の米国航空会社とその提携パートナーとの競争についても、これまでよりも優位になります」と歓迎した。

デルタ航空では、米国運輸省の仮決定は非常に画期的なものとしており、「これまで羽田へのアクセスに関しては、日本の航空会社と共同事業(ジョイントベンチャー)提携をしている米国航空会社の方が有利でしたが、今後はデルタ航空も競争に参加できるようになる」とした。

シアトル線はエアバスA330-900neo、デトロイト線はエアバスA350-900型機、アトランタ線はボーイング777-200ER型機、ポートランド線はエアバスA330-200型機、ホノルル線はボーイング767-300ER型機で運航する。最終決定には今夏にも出される見通し。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「アメリカ運輸省、デルタ航空に羽田空港発着5路線の新規開設を仮承認 シアトル・デトロイト・アトランタ・ポートランド・ホノルル線