加藤汽船グループのジャンボフェリーが、2022年に新造船を就航させる予定を発表した。

詳細は未定としているが「大型の新造船」を就航させるとしている。神戸港と高松港を結ぶ航路は、連休などの繁忙期に混雑することがあり、混雑緩和が期待される。

現在、ジャンボフェリーで使用しているのは、1989年竣工の「こんぴら2」、1990年竣工の「りつりん」で、いずれも就役から約30年が経過している。同社は、神戸~高松航路、神戸~小豆島航路、小豆島~高松航路を運航している。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「兵庫県と香川県を結ぶジャンボフェリー、2022年に新造船導入へ