北陸新幹線

JR東日本は、大宮~新潟間の上越新幹線で、最高速度を時速275キロに引き上げる。

JR東日本は、サービス向上を目的として、2022年度末にも車両をE7系に統一し、速度を現行の時速240キロから275キロに取り組む。5月中旬より地上設備工事と測量に着手する。

速度向上に伴い、大宮~新潟間は最大7分程度の時間短縮を見込むほか、大宮~高崎間を走行する北陸新幹線についても、最大2分程度の時間短縮を見込む。

工事期間は4年間を見込んでおり、具体的な速度向上開始時期、ダイヤ等は決定次第周知する。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「JR東日本、上越新幹線大宮以北の最高速度を275キロに 最大7分短縮