インドネシア政府観光局

インドネシア政府は、5月3日より到着ビザ(VOA)の金額を変更した。

観光や商用、政府の用務などの30日以内の滞在では、到着ビザの取得ができる。日本を含む一部の国を対象に、30日以内の観光での訪問を対象に、ビザを免除している。料金は50万ルピアとなる。これまでは35米ドルだった。

商用での渡航の場合は到着ビザの取得が必要となり、ビザ免除により入国した場合は、罰金や国外退去処分となり、最低6ヶ月間、再入国が禁止となる。入国後に到着ビザやビジネスビザへの切り替えはできない。到着ビザで入国したにもかかわらず、パスポートにシールが貼られないケースやビザ免除での入国印が押されるケースも発生しているという。

情報提供元:Traicy
記事名:「インドネシア政府、到着ビザの金額変更 観光目的で30日以内の滞在では免除