エジプト航空(ボーイング787-9型機)

エジプト航空は、ボーイング787-9型機を中国路線に投入する。

エジプト航空は、長距離路線用の機材として、ボーイング777-300ER型機を6機とエアバスA330-200型機を6機の計12機を保有しており、これらを置き換えるもの。エジプト航空では、2017年末に6機のリースによる導入を理事会で承認している。

ビジネスクラスは、全席が通路に面した「1-2-1」配列で30席を備える。現在は「2-3-2」配列で、大きくアップグレードされる。機内Wi-Fiも備える。

エジプト航空では、北京・広州〜カイロ線の中国とエジプトを結ぶ2路線を運航しており、北京線から投入する見通し。現時点で東京/成田〜カイロ線には、7月5日から投入することを計画している。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「エジプト航空、中国路線にボーイング787-9型機投入 日本へは7月就航へ