大韓航空(ボーイング747-400型機)

大韓航空は、6月から、国際線の27路線でファーストクラスのサービスを廃止する。ザ・コリア・ヘラルドが伝えた。

これにより、大韓航空が運航している国際線111路線のうち、ファーストクラスの提供路線は35路線に大幅に縮小する。収支改善のためのサービス見直しの一環で、需要が低い観光地を結ぶ短距離路線が対象となり、北京や大阪、台北、バンコク、シンガポール線などでは引き続きサービスを提供する。長距離路線では、北米を結ぶ2路線やヨーロッパを結ぶ4路線が対象となる見通し。

ファーストクラスを廃止する路線では、エコノミークラスとビジネスクラスの「プレステージクラス」の2クラス、もしくはエコノミークラスのみを設定することになる。

大韓航空は、4種類のファーストクラスの座席を装備しており、最新の「コスモスイート2.0」では、扉付きの個室タイプとなっている。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「大韓航空、国際線27路線でファーストクラス廃止 短距離線を中心に