マリオット・インターナショナルは、バケーションレンタル事業に参入する。

アメリカ、ヨーロッパ、カリブ海、ラテンアメリカの100都市以上で、2,000以上の高級バケーションレンタル事業を手がける。ブランド名は、「ホームズ&ヴィラズ・バイ・マリオット・インターナショナル(Homes & Villas by Marriott International)」。

2018年には、「トリビュート・ポートフォリオ・ホームズ(Tribute Portfolio Homes)」というブランドで、ヨーロッパの一部の都市で展開していた。利用者の90%近くがMarriott Bonvoy会員で、4分の3が家族や友人とのレジャー旅行客だった。滞在期間はホテル滞在の約3倍で、レジャー市場で、マリオット・インターナショナルが展開するホテルを補完するものとなるとした。

不動産管理会社を通じてサービスを提供し、まずはアメリカ・カリフォルニアのコテージ、イタリア・ソレントのインフィニティプールがあるヴィラなどを扱う。マリオット・インターナショナルのホテル予約とは異なるサイトで販売するものの、取扱施設がある都市で3泊以上の予約を検索した人にはリンクを表示し、予約を促す。他の予約チャネルからの予約も、今後受け付ける。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「マリオット、バケーションレンタル事業に参入 コテージやヴィラ展開