シルクエアーは、シンガポール〜釜山線を5月1日より週4便で開設した。

シルクエアーの韓国への就航は初めてで、釜山とシンガポールを結ぶ唯一の航空会社となる。機材はボーイング737-800型機を使用する。当初はボーイング737 MAX 8型機を使用する計画だった。

初便となるシンガポール発のMI876便は、5月1日の午後11時37分に出発し、翌2日の午前7時7分に釜山に到着した。機内ではビビンバやプルコギ、キムチチャーハンなどの伝統的な韓国料理を提供する。

シンガポールではグループのシンガポール航空、シルクエアーのネットワークを通じて、各地へのアクセスを提供する。

■ダイヤ

MI876 シンガポール(23:15)〜釜山(07:00+1)/月・水・金・土

MI875 釜山(08:00)〜シンガポール(14:15)/火

MI875 釜山(08:30)〜シンガポール(14:15)/木・土・日

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「シルクエアー、釜山就航 ボーイング737-800型機で週4便