東京急行電鉄(東急)と横浜銀行、ゆうちょ銀行、GMOペイメントゲートウェイは、東急線の駅券売機で銀行預金の引き出しができるキャッシュアウト・サービスを5月8日から開始する。

横浜銀行とGMOペイメントゲートウェイが開発した「銀行口座と連動したスマホ決済サービス」の仕組みを活用するもので、駅の券売機でのキャッシュアウト・サービスは、日本初の取り組みとなる。

対象はこどもの国線、世田谷線を除く東急線の各駅。横浜銀行の「はまPay」およびゆうちょ銀行の「ゆうちょPay」において、各スマホアプリで引き出し金額を指定し、 表示されたQRコードを券売機の読み取り機にかざすことで、預貯金の引き出しができる。1万円単位で3万円まで引き出しでき、1日あたりの限度額は3万円。平日・土日祝日ともに午前5時30分から午後11時まで利用可能となっている。利用手数料は1回あたり108円または216円。サービス開始キャンペーンとして、5月8日から6月30日までは利用手数料が無料となる。

今後、東急線沿線以外でのサービス提供も検討を進めていく。

情報提供元:Traicy
記事名:「駅の券売機がATM代わりに 東急線で5月8日スタート