JR東海は、東海道新幹線の新型車両N700S確認試験車の速度向上試験を行うと発表した。

試験は5月中旬から6月中旬までの夜間、米原〜京都間の下り線で実施する。開始以降、順次速度を向上し、最終的に時速360キロで走行。試験では、様々な編成両数に変更可能である「標準車両」の特長を活かして、モーターを搭載する車両を14両から16両へ変更する。

東海道新幹線におけるこれまでの速度試験では、300系が1991年に時速325.7キロ、N700系量産先行試作車が2009年に、N700S確認試験車が2018年7月に同330キロを記録。このほか、試験専用仕様の300X試験車が1996年に同443.0キロを記録している。

■関連記事 鉄道技術開発の結晶、N700Sを生んだ研究施設をレポート 東海道新幹線の新型「N700S」完成 車内を初公開

情報提供元:Traicy
記事名:「東海道新幹線「N700S」、時速360キロ試験実施 5月中旬から