東京急行電鉄(東急電鉄)、JR東日本、東京地下鉄(東京メトロ)と、3社が出資する渋谷スクランブルスクエアは、「渋谷スクランブルスクエア第Ⅰ期(東棟)」の開業を2019年11月に決定した。

大規模複合施設「渋谷スクランブルスクエア第Ⅰ期(東棟)」は、渋谷エリアで最も高い約230メートル、地上47階建て。14階・45階から屋上に設置される、渋谷最高峰約230メートルのパノラマビューを誇り、日本最大級の屋上展望空間(約2,500平方メートル)を有する展望施設「SHIBUYA SKY」は、数多くのプロジェクトで世界的な注目を集めるクリエイティブ集団・ライゾマティクスの、“ライゾマティクスデザイン”部門を演出プランナーとして採用。渋谷上空でしか見ることができない眺望体験と空間演出の融合によって想像力を刺激し、既存の展望施設の概念を超える新しい体験を提供する。

17階~45階のオフィス、15階の産業交流施設「SHIBUYA QWS(渋谷キューズ)」、地下2階~14階の商業施設についても詳細を発表した。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「渋谷駅直結の「渋谷スクランブルスクエア」、11月に東棟が開業へ