西日本ジェイアールバスは、京阪神~東京線に新型車両「スカニア製ヨーロピアンスタイル2階建てバス」を導入することを発表した。

投入される新型車両はスウェーデン・スカニア社(エンジン・シャーシ)とベルギー・バンホール社(ボディ)製の2階建てバス「アストロメガ」で、すでにジェイアールバス関東が導入している車種と同車種。

西日本JRバスに導入される2階建てバスは、5月下旬に運行開始を予定しているが、すでにジェイアールバス関東で運行を開始している車両を用いて、4月26~29日・5月1~6日にプレ運行を予定している。プレ運行は、青春エコドリーム23号(東京駅午後10時40分発)と青春エコドリーム36号(大阪駅午後11時40分発)のいずれも2号車として投入するほか、「平成ドリーム令和号」でも運行する。

■関連記事 JRバス2社、「平成ドリーム令和号」を運行 東京~大阪間 詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「西日本JRバス、新型2階建てバス導入 JRバス関東と同車種