ウガンダ・エアラインズ(エアバスA330-800neo)

ウガンダ・エアラインズは、エアバスA330-800型機を2機確定発注した。

エアバスA330-800型機は、エアバスA330neoの短胴機材。標準座席数は3クラス257席。エンジンはロールス・ロイス製トレント7000、エアバスA350型機と同様のウイングチップ「シャークレット」を装備し、新客室仕様「Airspace by Airbus」も備える。燃料消費量は前世代の競合機と比べて、1座席当たり約25%削減している。

ウガンダ・エアラインズは、ウガンダの国営航空会社。長距離国際線に進出する意向で、2018年に発注の覚書を締結していた。3クラス制でビジネスクラス20席、プレミアムエコノミークラス28席、エコノミークラス213席を備える。

情報提供元:Traicy
記事名:「ウガンダ・エアラインズ、エアバスA330-800型機を2機確定発注