JALグランドサービスとコミュニケーション・プランニングは、航空機の牽引訓練にVR(仮想現実)を用いたシミュレータを導入する。

シミュレータは持ち運びが可能で、これまで訓練が実施できなかった地方空港での訓練にも対応できるほか、360度全方位の視野が再現されることから、平面モニターでは実施できない、振り向く、覗き込むといった航空機牽引時の安全確保に必要な動作の確認や、通常の訓練では再現できない悪天候などの気象条件にも対応する。

今後は、更なる訓練プログラムの開発やイレギュラーに備えた緊急時の操作訓練などの安全教育プログラムの開発も検討していく。

JALグランドサービスは、国内主要5空港で、日本航空(JAL)や主要航空会社のグランドハンドリング業務を手がけている。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「JALグランドサービス、航空機の牽引訓練にVRシミュレータ導入 悪天候も再現可能