航空業界誌のエア・トランスポート・ワールド(ATW)は、ルフトハンザ・ドイツ航空を「エアライン・オブ・ザ・イヤー 2019」に選出した。

ヨーロッパの航空会社の選出は14年ぶりで、3月26日にアメリカ・ニューヨークで開かれた授賞式には、ルフトハンザグループのカーステン・シュポア最高経営責任者(CEO)が出席し、「ルフトハンザは強力なブランドであり、偉大な伝統、極めてロイヤリティの高いフリークエント・フライヤーを含む巨大な顧客基盤、そして、とりわけデジタル化に供する優れたイノベーション能力を兼ね備えています。さらに、私たちが擁する世界最高のエアライン・スタッフは他の追随を許しません」とコメントした。

生体認証(バイオメトリックス)搭乗をはじめとした、テクノロジーやサービスの継続的な導入や、持続可能性(サステナビリティ)に配慮した取り組みなどが評価された。スカイトラックスは、ヨーロッパの航空会社として唯一、5つ星に認定している。カーステン・シュポアCEOは2018年に、「ATW インダストリー・リーダーシップ・アワード」受賞している。

ATWは1964年に設立、毎年優れた航空会社を表彰している。2018年には全日本空輸(ANA)が3回目となる「エアライン・オブ・ザ・イヤー」を受賞している。

■エアライン・オブ・ザ・イヤー

2019年:ルフトハンザ・ドイツ航空

2018年:全日本空輸(ANA)

2017年:アメリカン航空

2016年:エティハド航空

2015年:サウスウエスト航空

2014年:デルタ航空

2013年:全日本空輸(ANA)

2012年:ニュージーランド航空

2011年:エミレーツ航空

2010年:ニュージーランド航空

2009年:アシアナ航空

2008年:シンガポール航空

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「ATW、「エアライン・オブ・ザ・イヤー」にルフトハンザ・ドイツ航空を選出