ブリティッシュ・エアウェイズとスコットランドのクラフトビール醸造所であるブリュードッグは、機内でビールの醸造を開始した。

スコットランドの北を高度4万フィート、時速500マイル(約804キロ)で飛行中のボーイング787型機で醸造工程を開始したもので、機内での味覚の鈍化に合わせて醸造する。

ブリティッシュ・エアウェイズ機が管制とやり取りする際のコールサイン「スピードバード」の名前を付けた「スピードバード100」として、5月1日から全路線と一部のラウンジで提供する。7月からは機内エンターテインメントシステムで、製造工程の動画を放映する。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「ブリティッシュ・エアウェイズ、創立100周年でビール醸造 飛行中の機内で工程開始、「スピードバード100」として5月から提供