日本航空(JAL)は、新たに導入するエアバスA350-900型機を、9月1日から東京/羽田〜福岡線に投入すると明らかにした。

ファーストクラスを「2-2-2」配列で12席、クラスJを「2-4-2」配列で94席、普通席を「3−3−3」配列で263席の計369席を配置。全席に個人用画面、電源、USBポートを備え、機内Wi-Fiも利用できる。客室仕様の詳細は6月を目途に発表する。

1号機にはレッド、2号機にはシルバー、3号機にはグリーンで、機体後方に「AIRBUS A350」の文字を塗装する。

初便は東京/羽田を午後0時10分に出発し、福岡に午後2時に到着するJAL317便となる。東京/羽田〜福岡線を1日3往復6便を運航する。その後、東京/羽田〜札幌/千歳・沖縄/那覇線などに順次拡大する。

JALは、エアバスA350-900型機18機、エアバスA350-1000型機13機の計31機を2013年に確定発注している。国内の航空会社として初めて導入することになる。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「JAL、エアバスA350-900型機を9月1日から東京/羽田〜福岡線に投入 個人用画面や電源も装備、3機には特別塗装も