ラスベガス・サンズは、シンガポール政府とマリーナベイ・サンズの統合型リゾート施設の拡大に合意した。

現在のマリーナベイ・サンズに隣接し、15,000席を完備した最先端のアリーナ、全室がスイートの約1,000室の客室、屋上にスカイルーフのプールと有名レストランを備えたホテルタワー、MICE施設を建設する。建物のデザインチームには、原型施設を設計したモシェ・サフディ氏のほか、AedasやGenslerなど有名建築事務所が加わる予定。建設予算は現時点で約33億米ドル。

ラスベガス・サンズのシェルドン・G・アデルソン会長兼CEOは、「マリーナベイ・サンズはシンガポール観光の象徴として、シンガポールのレジャー・ビジネスの観光産業において、期待を上回る成果を生み出しています。今回、シンガポール政府から継続的な開発援助をいただくことを大変光栄に思います。我々の施設は、シンガポールと当社に素晴らしい成功をもたらしており、今後より一層成長していくために拡大する予定です」とコメントした。

マリーナベイ・サンズは2010年に開業。これまでに3.3億人以上が訪問し、MICEイベントを700件以上新たに誘致し、2018年には3,680件のイベントを開催している。

情報提供元:Traicy
記事名:「マリーナベイ・サンズ、大規模拡張でシンガポール政府と合意 ホテルタワーやアリーナ建設