ベトナム航空(エアバスA321neo)

ベトナム航空は、ゴールデンウィーク・夏休みシーズン期間中に、東京/成田〜ダナン線の機材を大型化するとともに、臨時便を運航する。

通常使用しているエアバスA321型機を、4月27日から5月6日まではボーイング787-9型機かエアバスA350-900型機に、8月1日から27日まではエアバスA330-300型機に大型化する。7月21日から31日までの間は、臨時便をエアバスA321型機で運航し、1日2便を運航する。これにより、座席供給量は約70%拡大する。

ダナンは、ホーチミン、ハノイに次ぐ、ベトナム中部にある第3の都市。2018年冬期から大阪/関西〜ダナン線のデイリー運航を開始し、季節運航だった東京/成田〜ダナン線も、3月31日から通年運航に切り替える。

■ダイヤ

VN6319 東京/成田(09:30)〜ダナン(13:15)/7月21日〜31日

VN319 東京/成田(10:00)〜ダナン(13:45)

VN318 ダナン(00:05)〜東京/成田(07:35)

VN6318 ダナン(00:30)〜東京/成田(08:00)/7月21日〜31日

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「ベトナム航空、東京/成田〜ダナン線の機材大型化 臨時便も