バニラエアは、バリューアライアンスを3月30日付けで脱退する。

バリューアライアンスは、セブパシフィック航空、チェジュ航空、ノックエア、ノックスクート、スクート、タイガーエア・シンガポール、タイガーエア・オーストラリア、バニラエアの格安航空会社(LCC)8社が連携して、2016年5月に設立。スクートとタイガーエア・シンガポールの統合により、現在は7社が加盟している。脱退はバニラエアが初めてとなる。

各社はエア・ブラック・ボックス社の技術を導入し、異なる航空会社を利用する際でも最適な乗り継ぎルートや利用便、運賃を選択し、ワンストップで予約決済が可能となるようにしていた。バリューアライアンス各社便の新規予約は3月30日をもって終了する。予約済みの航空券は使用できる。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「バニラエア、バリューアライアンスを脱退 3月30日付