日本航空(JAL)とKDDI総合研究所、KDDIは、次世代移動通信規格「5G」を用いた実証実験の第2弾として、航空機整備の遠隔作業支援などに関する実証実験を実施する。

「5G」は2019年度以降に、日本で導入される次世代移動通信規格。現在の「4G」と比べて約20倍高速かつ大容量で、多接続、低遅延などの特徴がある。4KやVRなどの映像体験なども可能となる。

3社は「5G」を活用し、これまでは簡易的な作業支援にとどまっていた整備や空港などの現場で遠隔作業支援などを解消し、より高度な業務支援につなげていく。

実証実験では、4K解像度の映像を用いて、出発準備中の航空機の近くや格納庫などの現場にいる整備士の作業を、離れた場所にいる指示者が確認・指示を行う。電子部品の解体・組立の指示を、指示者が映像を確認しながら円滑に実施できるかどうかを検証する。また、KDDI総合研究所が開発した4K映像伝送に対応したAR遠隔作業支援システムの検証もあわせて実施する。さらに、事前に格納庫内で撮影した航空機の外観映像を使い、 同一拠点内の8K映像の伝送速度の検証も行う。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「JALとKDDIら、「5G」用いて航空機整備の遠隔作業支援の実証実験