大分バスは、4月1日から9月30日までの予定で、高速バス2路線の実証運行を開始する。

大分~湯布院線は、観光客や海外からの旅行客に利用しやすい日中に2往復設定した。運行経路は、「中央通り~要町(大分駅高速バスのりば)~椎迫~(高速経由)~道の駅ゆふいん~由布院駅前バスセンター」。所要時間は約50分。大分~湯布院間の運賃は、大人800円、小人400円。予約不要で全席自由席。nimoca等のICカードや、SUNQパスが利用可能。

佐伯~大分線は、佐伯からの通勤・通学に便利な時間帯に1往復設定した。運行経路は、「佐伯駅~大手前~コスモタウン~椎迫~(高速経由)~要町(大分駅高速バスのりば)~中央通り~大分市役所合同新聞社前~県庁正門前」。所要時間は約1時間15分。運賃は大人1,500円、小人750円。とくとく回数券(4枚綴り4,000円・1枚あたり1,000円)、学トク回数券(4枚綴り3,400円・1枚あたり850円)を設定する。予約不要で全席自由席。nimoca等のICカードや、SUNQパスが利用可能。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「大分バス、大分~湯布院・佐伯間の高速バス実証運行を実施 4月1日から