京王電鉄は、3月16日に新設する井の頭線下北沢駅中央改札口で、AIロボやデジタルサイネージを活用した案内を実施する。

音声による対話型AIエンジンを搭載した窓口案内ロボ(AIロボ)、運賃表一体型デジタルサイネージ、駅総合案内デジタルサイネージの運用を開始する。

AIロボは、客からの乗換案内や構内・周辺案内、運行情報などの問い合わせに対して、音声とディスプレイ表示を通して回答するほか、対話へのうなずきや体や腕の動作により客に親しみを持ってもらう。

運賃表一体型デジタルサイネージは券売機上に設置する。運賃表のほか、下北沢駅周辺のリアルタイム列車走行位置情報などを提供する。異常時には多言語に対応した情報提供を行う。

■関連記事 小田急・京王井の頭線下北沢駅 3月16日より新改札口を供用開始 詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「京王電鉄、新設の下北沢駅中央改札で案内刷新 AIロボやデジタルサイネージ活用