シルクエアー

シンガポール民間航空局(CAAS)は、ボーイング737 MAXの運航を停止するよう、シンガポールに乗り入れる航空会社に指示した。

シンガポールの航空会社では、シルクエアーが6機のボーイング737 MAX 8を保有。シンガポール〜広島線を月・木・日曜の週3便乗り入れている。シンガポールに乗り入れる航空会社では、中国南方航空、ガルーダ・インドネシア航空、山東航空、タイ・ライオンエアが同型機を運航している。

CAASでは、運航停止期間中に、安全上のリスクを検討するとしており、航空会社やチャンギ・エアポート・グループとともに、利用者への影響を最小限に抑えるための必要な措置を講じるとしている。

情報提供元:Traicy
記事名:「シンガポール民間航空局、ボーイング737 MAXの運航停止を指示