現地時間きょう3月10日、アディスアベバ発ナイロビ行きのエチオピア航空機が、離陸直後に墜落した。

エチオピア航空によると、墜落したのはET302便(ボーイング737 MAX 8、機体記号:ET-AVJ)。アディスアベバのボレ国際空港を同午前8時38分に離陸後、午前8時44分に更新を途絶えた。乗員8名と乗客149名の合わせて157名が搭乗していた。

エチオピア航空は、利用者の家族や友人に向けたインフォメーションセンターを開設する。

ボーイング737 MAX 8は、2018年10月にインドネシアのライオン・エア機がジャカルタを離陸後すぐ、ジャワ島沖に墜落し、乗員乗客全員が死亡した。

情報提供元:Traicy
記事名:「エチオピア航空のボーイング737 MAX 8、墜落 アディスアベバ発ナイロビ行き