アジア・アビエーションは、業績が低迷しているノックエアの株式の取得に向けた交渉を打ち切ったと明らかにした。

アジア・アビエーションは、タイ・エアアジアの発行済株式の55%を保有している主要株主で、航空会社の外資規制を回避するために設立された持株会社。残りの45%はマレーシアのエアアジアが保有している。エアアジアグループでは過去に、フィリピンのゼストエアウェイズを買収して事業を拡大した一方で、インドネシアのパタビア航空の買収計画は、企業文化の違いを理由に中止している。タイの富豪でノックエアの主要株主であるジアラワノン一族と、ノックエアの株式取得に向けた話し合いを行っていた。

競争激化や燃油の高騰によって業績が低迷しているノックエアは、2月に第三者割当増資を実施し、債務超過を解消した。大株主であるタイ国際航空の出資比率は、設立当初の39%から15.94%に減少している。

タイ・エアアジアは、2018年に2,157万人が利用し、搭乗率は85%と高い水準だった。

情報提供元:Traicy
記事名:「アジア・アビエーション、ノックエアの株式取得交渉を打ち切り