エアアジアグループは、サンフランシスコに拠点を置く500 Startupsとの戦略的パートナーシップを締結し、ベンチャーキャピタルRedBeat Capitalを設立すると発表した。

東南アジアでプレゼンスを拡大、拡大しようとしているスタートアップに投資し、成長をサポートする。特に旅行とライフスタイル、ロジスティクス、金融技術分野に重点を置いているという。スタートアップ企業は、エアアジアの年間9,000万人の利用者データや、500 Startupsのアクセラレータープログラムなどを利用できるようになる。

500 Startupsは、Twilio、SendGrid、Credit Karma、Canva、Grabなど10社のユニコーン企業、66社の時価総額1億米ドル以上の企業などに投資している。エアアジアは、AirAsia BIG Loyalty、travel360.com、Vidi、ROKKI、BigPay、RedCargo Logisticsをはじめとしたデジタル関連事業への展開を加速している。RedBeat Capitalは、500 Startupsポートフォリオ企業への共同投資も目指す。

情報提供元:Traicy
記事名:「エアアジア、500 Startupsと戦略的パートナーシップ ベンチャーキャピタル「RedBeat Capital」設立