キャセイパシフィック航空

キャセイパシフィック航空は、HNAグループから香港航空と香港エクスプレス航空の株式の取得を協議していることを明らかにした。

買収に関する合意は現段階で締結されていないとしており、必要に応じて発表するとした。ロイター通信は、キャセイパシフィック航空が香港で独占的地位を占めることになるため、規制当局による審査が必要になる可能性を示唆した。

キャセイパシフィック航空は、香港を拠点とする最大の航空会社。香港航空と香港エクスプレス航空も香港を拠点としている、HNAグループ傘下のフルサービス航空会社と格安航空会社。香港航空は経営難により、リース会社への航空機のリース料の支払いが遅延しているほか、一部リース機材の返却も視野に入れていると報じられている。キャセイパシフィック航空も燃油ヘッジの失敗、中国本土系航空会社や格安航空会社(LCC)との競争の激化によって厳しい経営状態が続いている。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「キャセイパシフィック航空、香港航空と香港エクスプレス航空の株式取得協議認める