岩手県交通は、盛岡バスセンターにて、スマートバス停の実証実験を開始した。

スマートバス停とは、デジタルサイネージに時刻表や運行情報、その他の告知文や緊急案内、広告などをリアルタイムに提供できるバス停。この実証実験では、バスの時刻表や告知文、緊急案内など様々な情報を柔軟に提供する。また、視認性の高い大型モニターを採用するほか、電源設備を施し、ヒーターを付属させることで、寒冷地でも機能維持ができるかも検証する。

岩手県交通は、西鉄エム・テックと安川情報システムとの連携のもと、盛岡バスセンターで2月20日から約1年間の実証実験を行う。将来的には、バス停留所の張替の負担低減や、バスロケーションシステムの更新などを見据えている。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「岩手県交通、盛岡バスセンターでスマートバス停の実証実験を開始