ピーチは、就航7周年を記念したイベント「ほんまOOKINI!!祭」の開催に先立ち、大阪・難波のなんばスカイオで記者会見を開催した。

2018年3月のバニラエアとの統合発表を「婚約」と位置づけ、今回のイベントは「結婚式」に見立て、10月に統合するバニラエアの客室乗務員も参加。両社の客室乗務員がモデルプレーンの交換を行った。

ピーチは2012年3月1日に、大阪/関西〜札幌/千歳・福岡線の2路線に就航。就航から7年間で、エアバスA320型機23機を保有し、国内・国際線31路線にネットワークを広げた。2017年4月にはANAホールディングスが出資比率を67%に引き上げて連結子会社化。2018年4月には77.9%に引き上げている。

井上慎一代表取締役CEOは冒頭の挨拶で、統合により「日本とアジアを結ぶ路線ネットワークを拡大し、7年培ってきた短距離LCCのノウハウを活かしながら、2020年には中距離LCC事業に進出する」バンコクやシンガポールなどへの路線展開を進め、アジアのリーディングLCCを目指す考えを示した。囲み取材で井上CEOは、羽田空港の発着枠も「チャンスがあれば」獲得を目指すとしている。

ピーチとバニラエア初の合同セールとなる、片道777円からの「恋するピーチとバニラ 甘すぎる!全路線合同セール」を発表。3月2日午前0時より販売を開始した。統合をテーマとした動画「旅する女、恋する男。」も披露した。

初となるファンミーティング「MOMONOWA(もものわ)」も、なんばスカイオ5階の「ITADAKIMASU」で開催し、搭乗回数が100回を超えるなどのヘビーユーザー19名がゲームなどを通じ、井上CEOやピーチ社員と親睦を深めた。

「ほんまOOKINI!!祭」はきょう3月2日まで、なんばスカイオの3階と5階で開催中。3階では、ピーチポイントや温泉宿泊券などのプレゼントが当たるオリジナルゲームを実施するほか、5階のフードホールでは、大阪/関西〜新潟線の就航1周年を迎えるのを記念して「新潟マルシェ」を開催する。新潟県産米を使用したスペシャルランチ(880円、午前11時から午後3時まで)や特産品の販売、地酒の試飲会などを行う。

さらに3月10日まで、ピーチの機内で「Peach・なんばきっぷ(特急券付)」を購入すると、先着順でスーパーシートへアップグレードを実施するほか、なんばスカイオ特別優待券をプレゼントするほか、3月17日まで、なんばスカイオ内各店舗で、税込1,000円以上を購入した人にキャンペーン応募券をプレゼントし、応募するとピーチポイント10,000円分やオリジナルグッズ詰め合わせなどが当たるキャンペーンも実施する。

情報提供元:Traicy
記事名:「ピーチ就航7周年、バニラエアとの”結婚”祝う 初のファンイベントも