JR北海道は、JR東日本、東京急行電鉄、JR貨物の協力のもと、北海道胆振東部地震の影響を受けた北海道の観光振興と地域活性化を目的として、観光列車を走行させる。

JR北海道が、2019~2020年度に、JR東日本と東急電鉄がそれぞれ運行する観光列車、「びゅうコースター風っこ」「THE ROYAL EXPRESS」を使用し、北海道各地の観光資源を体感できるコースに運行させる。

JR東日本の「びゅうコースター風っこ」は、宗谷線の旭川〜音威子府駅間、音威子府〜稚内駅間で、「風っこ そうや」号として7月から9月の土日祝日に運転する。4両編成で1両目と4両目には「北海道の恵み」シリーズ車両を連結する。

また、東京急行電鉄の「THE ROYAL EXPRESS」は、札幌から道東エリアで、2020年5月から8月の間の約1ヶ月間、週4日程度運転する。ディーゼル機関車と電源車を配置するなど、北海道内の運転に合わせた編成とする。

JR北海道が運行に関わる業務、着地でのおもてなし体制への協力や全体統括を行い、JR東日本と東急電鉄が既存の観光列車の提供や運営、JR貨物は北海道内で運行する車両を北海道まで回送運搬を担う。

情報提供元:Traicy
記事名:「JR北海道、JR2社と東急電鉄の協力で観光列車運行へ 2019年夏から