HOP

エールフランスKLMは、地域間路線を運航するHOP!を、「エールフランスHOP」にリブランドする。

エールフランスKLMでは、エールフランス航空とKLMオランダ航空の2強ブランドに依存しているとしており、傘下の格安航空会社(LCC)であるJoon(ジューン)を統合するなど、ブランド再編とポートフォリオの簡素化を進めている。リブランドにより、フランスのフラッグキャリアでの旅行を希望する乗客にとって、わかりやすくなるほか、競争が激しい地域間路線でブランドの価値と強みを明確化するとしている。

これにより、エールフランスKLMが展開するブランドは、エールフランス航空とエールフランスHOP、KLMオランダ航空とKLMシティホッパーの主要路線と地域間路線を運航するそれぞれ2ブランドと、LCCのトランザビア航空に集約されることになる。

■関連記事 エールフランス航空、子会社LCCのジューンを統合へ 詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「HOP!、「エールフランスHOP」にリブランドへ