JAL

JALグループは2月12日より、那覇空港でインライン・スクリーニング・システムを導入する。

手荷物を預け入れる際に、事前にX線検査を受けることなく、直接空港カウンターに進むことができるようになり、預け入れにかかる時間が短縮される。JALエクスプレス・タグサービスも引き続き利用できる。保安検査精度も向上する。

預け入れ手荷物にライヤー、電子タバコ、モバイルバッテリー、スプレー製品、花火などの危険物が入っていた場合、カウンターに戻るか、搭乗ゲート付近で開披検査を行った後に、手荷物の再検査を行う必要がある。時間を要した場合、予約便に搭乗できない場合もある。

すでに、札幌/千歳・東京/羽田・東京/成田・大阪/関西・福岡の5空港に導入しており、6空港目となる。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「JALグループ、那覇空港で手荷物預け入れ後にX線検査 2月12日から