プリンスホテルは、東京・潮見に開発中の新ホテルの名称を「東京ベイ潮見プリンスホテル」とし、2020年7月に開業することを決めた。

建物は地上11階建てで、客室数は605室。うちツインルームは500室。最大4名が利用できるフォースルームへと変更もできるほか、子供用2段ベッドを備えた2段ベッドルームを10室、3名定員のキングルームを94室設け、最大で2,324名を収容できる大型ホテルとなる。430席を備えたレストラン、大浴場、フィットネスルーム、コインランドリー団体専用エントランス、バッゲージルーム、コンビニエンスストアも設ける。潮見ランドパークが開発し、プリンスホテルが運営する。

アクセスは京葉線潮見駅から徒歩1分で、東京や幕張などへのビジネス客、東京ディズニーリゾートなどへの観光客の利用を見込む。羽田空港アクセス線構想により、アクセスの向上も見込まれるとしている。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「東京・潮見に「東京ベイ潮見プリンスホテル」、2020年7月開業