ユナイテッド航空は、東京/成田〜グアム線で春休みとゴールデンウィーク期間中に9便の臨時便を運航する。

運航日は3月31日、4月2日・5日・28日・29日、5月1日・2日・4日・5日の合計9日間で、毎日2便を運航する。機材はボーイング737-700型機かボーイング737-800型機を使用する。これにより片道ベースで計1,300席以上、供給座席数が増えることになる。

また、3月31日から7月31日まで、1日3便の全便をボーイング737型機での運航とする。8月1日から2020年3月28日までは1日2便を、ユナイテッド・ビジネス28席、エコノミープラス102席、ユナイテッド・エコノミー234席の計364席仕様のボーイング777-200型機とする。

ユナイテッド航空では、10月28日から東京/成田〜グアム線にボーイング777-200ER型機を再投入し、機材を大型化している。グアム旅行需要の回復によるもので、1日あたりの供給座席数は約2倍になっていた。

■ダイヤ

UA38 東京/成田(20:50)〜グアム(01:25+1)

UA37 グアム(17:05)〜東京/成田(20:00)

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「ユナイテッド航空、東京/成田〜グアム線で春休みとGWに臨時便 夏ダイヤは7月まで全便737に