ボーイングは1月22日、アメリカ・バージニア州のマナサスで電動有人試験機の初飛行に成功した。

ボーイングの子会社である、オーロラ・フライト・サイエンシズが設計・開発を手がけた。全長9.14メートル、幅8.53メートル、航続距離は最長80.47キロメートルとなる。

今回の初飛行では、電動垂直離着陸機(eVTOL)が垂直離陸し、そのままの状態で空中に浮揚し、垂直に着陸した。機体の自律機能と地上制御システムの性能も確認したという。今後、垂直離陸から前進飛行への移行、固定翼を使った前進飛行などの試験も行う。

情報提供元:Traicy
記事名:「ボーイング、”空飛ぶタクシー”の初飛行に成功