JAL(客室乗務員)

日本航空(JAL)は、「JAL SKY SUITE」仕様の機材を新たに3路線に投入する。

投入するのは、東京/成田〜バンクーバー・サンディエゴ線と大阪/関西〜ロサンゼルス線で、現在はいずれもボーイング787-8型機で運航している。

東京/成田〜サンディエゴ線と大阪/関西〜ロサンゼルス線には3月31日から、東京/成田〜バンクーバー線には6月1日から運航する。機材は東京/成田〜バンクーバー線はボーイング767-300型機、大阪/関西〜ロサンゼルス線はボーイング787-9型機に変更となる。

これにより、欧米とオーストラリア線はすべて「JAL SKY SUITE」仕様となり、ビジネスクラスはフルフラットとなる。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「JAL、欧米豪線全便を「スカイスイート」に 3路線に新たに投入